1店舗から2店舗、3店舗へと出店はしたものの、中々、人も業績も経営も思う通りに行かないと悩んでいる社長様へ

TeamFoodNo1繁盛飲食実践会
『今の時代の繁盛店つくりからその多店舗化』セミナー&

『FoodNo1多店舗化養成塾大阪0期』説明会

5月26日(木)14:00~17:30 @大阪梅田
5月30日(月)14:00~17:30 @京都烏丸
6月09日(木)14:00~17:30 @大阪江坂
6月16日(木)14:00~17:30 @大阪江坂


このノウハウを学んだ人の成果は

  • 『産地とお客様を繋ぐを』キーワードに坪売り35万円を達成し、7年で20店舗展開
  • 悩みを解決し、圧倒的繁盛店 坪売り100万円の専門店業態の全国展開着手し、モデル店を開発した社長様
  • 不振店の業務請負専門にて、初期投資ほぼ0円にて3年で4店舗展開を実現した専門店
  • 社員との意識ギャップに悩んでいたが、自分の進む道を明確にし社員に提示する事で新たな中期計画3年8店舗計画を立案し社員と共に前進中のお好み焼き店
  • 『圧倒的満足を提供する』をキーワードに2年で5店舗から12店舗で全店黒字の焼肉店

1店舗の時が一番儲かった

何となく2店3店舗体制になり、日々細々した課題に振り回されバタバタ、1店、2店とお店が増える毎に社長の手取りは、何故か減少!?
こんなはずじゃ無かったのに・・・
社員は、言ったことしかしない、自ら考え行動など、全くもって・・・
しかし、長時間労働で休みも左程多くもない、むしろ週1回の月4回がやっとの現状で、強くは言えない。
毎月月末の支払いと給料日前になると、資金の都合にひやひやの連続で、この先が心配、不安で新たな事業展開など全く考えられない。

このような飲食店経営者の方を沢山見て来ました。

数年間他の飲食店で修業や経験を積み、夢を抱き借金までして、独立をした訳ですが、良かったのは、最初の1店舗を自分で一生懸命運営している時だけ、店が増える度に、すこしづつおかしくなって行く。今は、日々を惰性で運営している様な感覚。
お金と時間の自由を勤めている時より多くしようと思い、独立をした訳だが、借金が増えただけで手取りや休日は、変わらないというより、下がったようなもの、店を増やせば一発逆転と頑張ってみたが焼石に水の感覚、この先どうなるのやら・・・」

何故、上手く行かないのか?

売上が上がらないのは、社員の質が悪いのか? メニューが良くないのか?立地が悪いのか?などと色々考えるけど、これと言った原因が見えてこない・・・
『上手く行かない』、『思う様にいかない』の『上手く』と『思う様』とは、何を、どのような状態や数値や思いを言うのか、この部分の曖昧さから来る漠然とした不安で思考と行動を低下されている事から来るものだと思います。

曖昧さからは、不安や心配、明確さからは、自信や行動を生みます。

「上手く」や「思う様」は、言い変えれば、理念、ビジョン、方針ともいえる事です。

いつまでも曖昧さに惑わされますか…

人が動くには、理由があります。お客様も社員も同じです。『快楽を求める』か『恐怖や不安を煽る』際です。“楽しい、面白い“か”不安、怖い“のどちらかでしょう。

どちらで、人を動かしますか?

人は、成り行きの将来に不安を頂くものです。社長が示す将来に、『ワクワク、楽しい』が感じれれば社員は、変わるんじゃないかなぁ!?

そうです。会社の進むべき方向性、『社長の軸を明確にする事』が重要です。

自分の軸を明確にすることで、曖昧さが排除され、自信が湧いて来ます、自信が持てれば言葉が研ぎ澄まされ説得力を持つように変化するでしょうそのような社長が社員達に語り掛けると社員達は、目の色を変え、社長の目指す将来への船に乗りたいとワクワクするものです。

具体的には、現在の店舗のあるべき姿をコンセプトシートを活用し、明確にすること。
どのようなターゲット客にどのようなサービス、商品を提供する、この辺りをQSCに分類し明確化する事と事業計画書を活用し、基準になる数値を売上から利益率までを明確にするという事です。それと同時に役割を明確化する事も大切です。

店長の役割やマネージャー職の役割です。

後は、理想と現状のギャップを埋める事です。
目的や目標の無い仕事は、単なる作業でしかありません。目的目標を明確にすると仕事は、『志事』に変ります。単なる作業は、続けると疲れ精度が低下しますが、志事は、その逆でどんどんワクワク楽しくなり夢中になります。この差は、大きいです。

誰もが成り行きの将来には魅力を感じません。まだ見ぬ未来が見えた時、人は、大きく変わります
社長の軸を明確にして、社員に将来を示してやりましょう!!


共感飲食店多店舗化コンサルタント 山口雄二

申し遅れました。
共感飲食店多店舗化コンサルタントの山口雄二と申します。

私は、現在は、コンサルタントして活動しておりますが、つい2年前まで約32年間は、3つの飲食フランチャイズチェーンにて延べ200店舗の展開を幹部として、代表として指揮を執って来ました。3つのチェーン共に『3店舗の壁』を3度も経験してきました。だから分かるのです。

ファミレスのトマト&オニオン
餃子専門店のチャオチャオ餃子
韓国風鉄板鍋の韓のおしり


と全てフランチャイズチェーンとして80、80,40店約200店舗です。


営業時間11時~26時年中無休のファミレス時代の大きな壁

ファミレスの際は、初期投資の壁による出店スピードの停滞に泣かされました。
この業界の社員は、皆、将来独立か幹部社員になるかの2者択一の夢を持ってます。その中で、出店が止まり、停滞することとは、どいう事なのか?夢や目的が無くなり、日々が作業の連続になるという事です。他人様が休みの際に我々は忙しい。他人様がお腹を空かしている時に我々もお腹は空きますが、自分は後営業時間が長い為、年中無休の為、労働時間が長く、休日が少ないその割には、残業も出ない、給与もさほど高くはない!

こんな現実の中です。来る日も来る日も作業です。
続きません。仕事の質が低下します。悪循環でした。ドンドン退職者が出てくる始末で大ピンチでした!ファミレスは初期投資が約1億円掛ります。やはり年に数店など、どんどん出店出来る企業は、決まって来ます。小規模企業は、無理です。社長の思いと社員の夢が交わらない、非常に厳しい現状に直面し、私も挫折した感じでした。が、その際に餃子専門店という業態に出会い、新たなスタートを切る事が私は出来ました。餃子専門店は、ファミレスの投資金額の1/6です。一億円で6店舗出店できます。一店舗当たりの投資金額は、およそ、1500万円程度です。
社長が1店舗で抱えるリスクも1/6になるという事です。

ここで、社長と社員の思いが一直線に繋がりました。・・・・軸が出来たのです。

半年で6店舗
1年で10店舗の出店が出来ました。
将来が見える=出店スピードが速いので、人財はどんどん集まりました。戦略は、『小規模、少メニュー、少人員で早期多店舗展開』です。3店舗1ユニット1マネージャー制にての展開です。私の軸は、『従業員満足が顧客満足に優先する』という考え方です。
社員の満足無くして、サービス業でのお客様満足などあり得ないという考えでした。自分が現場上りで同じ体験をしているがこその考えです。皆さまも同様ではないでしょうか?
社員の事、人財育成の事が最も多店舗化の初期段階の企業様のお困り事No1ですね!その点の克服無くして、3店舗の壁は、越えれないのです。

社長が1店舗で抱えるリスクも1/6になるという事です。

1年で10店舗の展開は、何故出来たのか?

0からのスタートでした。餃子は、食べた事あれど提供したことは有りませんでした。
そんな私が、10店舗それも1年足らづで出来たのは、人財育成=売上アップとの仕組みを構築した事です。それに加え、少メニュー、小規模と言う物理的な簡単さを業態のコンセプトに組み込んだことです。ファミレスは、営業時間が長く、メニューも多く、お店も大きい。その経験がある私にとって小規模、少メニューは、ある意味楽勝だったのです。
そして、外食を産業化したのは、何を隠そう、ファミレス、ファストフード業態です。ですので、仕組化(マニュアル化)の重要性は、十二分に理解がありました。人財育成もカリキュラム化しました。
最も時間が掛る店長育成も店長の役割を明確化する事と売上の上げ方をメソッド化する事により明確化した訳です。店長の役割は、売上利益を上げる事です。その為には、自信店長育成メソッドに書いてある通りの手順で事を進めれば良いだけです。勿論、取り組みに対する心構えや意思の強さによりプラスマイナスは有りますが、やり方は、全て統一したから悩みことが無くなりました。
明確化は、力なのです。
何ごとも決める事に躊躇するのが、人です。でも、社長の仕事は、決める事が一番の仕事なのです。

写真と本

誰しもが壁にぶつかり、悩むことが有ります。その際にどのような行動を取ったのか?

私も餃子店展開の際、3店舗目、5店舗目にて若干の躓きがありました。立ち上がりが悪く、とんとんもしくは、若干の赤字でした。その解決策を教えてくれたのが、一つのセミナーでした。

会社に1枚のFAXDMが届きました。
『看板メニューで売上を120%にする方法』という題名でした。餃子専門店でしたので、ピーンときました。
そのセミナーを開催していたのが、今回私と一緒に当セミナーと後で説明します養成塾を開催するパートナの宮内 海先生であります。

『看板メニューで繁盛飲食店にする法』と言う本も出版されています。


悩み多き社長にどのように考え、行動すべきかの武器を託します。

私が宮内先生との出会いから1年で10店舗、その後最終的に83店舗の出店とセカンドブランド韓のおしりの展開40店舗が可能となった手法を余すことなく2人でお伝えするセミナーを開催する事にしました。

社長に悩みがるという事は、家の大黒柱がぐらついているという事です。そんな家で生活する家族は、不安で仕方ありません。とやかく言う前に先ずは、柱をきちんと固定して安心安全な空間を作ってくれ!と思っている筈です。
自分の思いと取り巻く社員の思いを一直線にし、安心で自信を持ち、ワクワク楽しく将来に向かっ仕事(志事)をする為の軸を明確にする為に何を社長は決めないとダメなのかをお伝えします。

理念とビジョン

良く言われる3店舗の壁とは、何なのか?
店長の定義とは、
売上アップの考え方とは
マニュアルとメソッドとは、
展開初期の社長の心構えとは・・・・等々

社長が社長として社長らしく仕事をすることを社員は望んでます。御支援致します。

社長の中に眠るこう在りたいという『在り方』を明確にしましょう。非常に楽しい時間になると思っています。


セミナー日程

5月26日(木)14:00~17:30 @大阪梅田
5月30日(月)14:00~17:30 @京都烏丸
6月09日(木)14:00~17:30 @大阪江坂
6月16日(木)14:00~17:30 @大阪江坂
*全て同内容ですので、ご都合に良い日程で参加下さい。

各会場限定7名

詳細に関しては、申込者に別途連絡させて頂きます。

セミナー後には、延長戦と言う(懇親会)を開催します。セミナー内容の学びが共通理解の上参加する事で学びが深まり新たなアイデアが生まれます。
合わせて参加下さい。


このセミナーの3つの特徴

特徴01社長とコンサルとして、3業態計200店舗の展開実証が有る講師

特徴02分かり易い「在り方」が定まり多店舗した事例が満載

特徴03一方的な講義ではなく対話形式で学びを深める参加型開催

このセミナーであなたが得られるもの

POINT01やり方ではなく、『在り方』から発想する繁盛店になる方法

POINT02脱値引き販促、選ばれる理由つくりで関係性構築販促の具体的手法

POINT03社長が社員が楽しくワクワクする為の組織構築と多店舗化

POINT04初期展開で大切なポイントとは

POINT05「店長の役割」と「売上の上げ方の定義」の必要性

POINT06自立型店長育成の考え方

POINT07売上アップ、店舗展開の具体的成功事例多数

POINT08店舗展開の種類とその特徴

POINT09次なるビジョンが明確になる展開の手法の理解

POINT10店舗コンセプトの考え方

POINT11事業計画の重要性

POINT12マニュアルとメソッド

POINT13人財育成のポイントと手法

POINT14店舗展開に於ける収益源の多様化とは

このような方に最適なセミナーです。

CHECK01ここ数年出店もなく現場に閉塞感が漂っている方

CHECK02値引き販促地獄から抜け出せず収支トントンか赤字の方

CHECK03人を募集しても集まらない、すぐに辞める

CHECK04社員に気を遣い、気を遣い気苦労が絶えない方

CHECK05自分の方向性に疑問を感じている方

CHECK06進むべき方向性が見えなくなっている方

CHECK07社員と同じ方向を向きワクワク楽しく仕事をしたいと心底思っている方

CHECK08自己のビジネスをフランチャイズにて全国展開したいと思っている方

CHECK09社内独立制度を取り入れたいと考えている方

CHECK10飲食から生産や製造へと6次化を目指している方

CHECK11社員教育の在り方、やり方に不安、疑問がある方

CHECK12同じ悩みを持つ同志を求めている方

CHECK13現場から抜け出し経営者としての仕事を切望されている方

CHECK14店舗管理、店舗とのコミュニケーションに悩みを持つ方

CHECK15売上前年対比低下が止まらない方

CHECK16具体的な売上アップ手法を学びたい方

CHECK17参考となるモデル店舗を知りたい方

CHECK18直近に新規オープンを計画している、又は、決まっている方

CHECK19自分の可能性に蓋をしていると感じてる方


セミナー参加者の声

セミナー参加者の声 某飲料メーカー様のアンケート

セミナー参加特典

今回のセミナー参加頂く方に以下の特典を用意しました。

特典1既存店の利益を最大化させる30のチェックシート
足元の既存店の活性化がまずもっての課題です。30に視点でお店をチェックしてみて下さい。

特典2多店舗化を成功させる30のチェックシート
会社の体制をチェックするのにピッタリのチェックシートです。組織化仕組化に向けて活用下さい。

特典3新しいお店を作る場合の物語
42項目の質問形式であなたのお店の中身を丸裸に出来ます。既存店で試して下さい。

特典4セミナーで使用したスライド
繰り返しの復習に活用下さい。


セミナーに参加する為の費用

今回のセミナーの内容は、実践の即した即活用出来るノウハウ及び実際に2人の講師にてフランチャイズチェーンとして120店舗の展開を実際に行ったノウハウが詰め込まれています。
ですから、今回のセミナーに参加されることで、貴方のビジネスに生涯もたらす収益を考えると数十万でも高くはないのではと思います。
又、私達2人のコンサルティングフィーは、月額15万、20万円以上であります。

ですが、今回のセミナーの参加費は、9,800円とさせて頂きます。
格安の価格に設定しているのは、セミナーの最後30分程度、私達の講座型コンサルティングサービス『FoodNo1多店舗化養成塾』大阪0期生募集の案内をさせて頂きたいと考えているからです。

但し、開催当日までにお申し込み頂いた方は、早期割引きとして5,000円とさせて頂きます。参加頂きその価値が無いと感じられた場合は、その場にて仰って頂ければ、参加費は、全額返金させて頂きます。


セミナー日程

5月26日(木)14:00~17:30 @大阪梅田
5月30日(月)14:00~17:30 @京都烏丸
6月09日(木)14:00~17:30 @大阪江坂
6月16日(木)14:00~17:30 @大阪江坂
*全て同内容ですので、ご都合に良い日程で参加下さい。

各会場限定7名
参加費9,800円 ⇒ 5,000円

詳細に関しては、申込者に別途連絡させて頂きます。

セミナー後には、延長戦と言う(懇親会)を開催します。セミナー内容の学びが共通理解の上参加する事で学びが深まり新たなアイデアが生まれます。
合わせて参加下さい。


講師プロフィール

宮内海 山口雄二

TeamFoodNo1繁盛飲食実践会とは

企業化を目指しより誇れる業界に飲食業をすることを目指す飲食企業の会

ご参加資格この3つに賛同いただける経営の方

約1年前から当セミナーを開始し、その理念に共感頂けた方には、入会して頂いております。不定期に勉強会や見学会を行い、孤独な飲食店経営者様の情報収集や悩みの解決の場をと思い開催しております。

参加頂く際は、理念を御理解頂き、自分以外の方に貢献するという1点で参加して頂きます。参加者各位が自分の事ばかり考えていると誰も意見を述べません。何故、巷では、『3店舗の壁』と言う言葉が蔓延るのでしょうか?
それは、3店舗目の出店で躓く事が多い事を言い表しているものと思います。
事実、私も3つの業態で全て、3店舗目で大なり小なりの躓きがあったのも事実です。
今となれば、何故なのかが、良く分かります。
理由は、大きく2つあります。

ー開催をして欲しい等の要望を多数受け、今回初めてですが、講師2名のノウハウを体系化し、店舗展開初期の3店舗の壁を如何に突破するか?を基本テーマとして、『FoodNo1多店舗化養成塾』初級編大阪0期生として開催する運びとなりました。

『FoodNo1多店舗化養成塾』初級編とは、

*今回のセミナー最終部分にFoodNo1多店舗化養成塾』のご案内をさせて頂きますが、勿論申し込みを強要する事はございません。当セミナーを受講頂き、より実践的に多店舗化のノウハウを学びたいやもっとスピードアップし店舗展開を進めたいとお考えの方は、御参加頂ければと思います。

何故、巷では、『3店舗の壁』と言う言葉が蔓延るのでしょうか?
それは、3店舗目の出店で躓く事が多い事を言い表しているものと思います。事実、私も3つの業態で全て、3店舗目で大なり小なりの躓きがあったのも事実です。今となれば、何故なのかが、良く分かります。理由は、大きく2つあります。

一つ目は、経験です

3店舗は、小規模企業ですから独立や開業から日が浅いのが、通常です。
多くの方が、どこかの企業やお店で修業や展開の経験を積み、夢である自分の店、会社を持ちます。店、会社を持った瞬間に社長やオーナーになります。
これは、経験が無くとも誰しもが、店や会社を持つことでなれるものです。増してや、今の時代、会社は、誰でもお金さえ出せば作れます。会社自体には、大した価値は無くなりました。『社長に成れる』と『社長が出来る』は、全く別物という事です。
料理、調理、運営、管理などの経験は、して来たが、経営の経験は、していないのが、展開初期の飲食企業の社長の実態だと思います。
3店舗になる頃に、人物金の管理に綻びが見えて来るんじゃないでしょうか?
見えていない問題が、表面化するのが、3店舗目じゃないかと思うんです。

3店舗目になると、
これまでの経験や知識では、解決できない問題が降りかかって来る。故に、過去の延長線上ではなく、別のやり方や自分自身にならないとダメですよ!!というお告げの様なものだと私は思っております。

2つ目は、社長の『在り方』じゃないかと思います。

詳しく述べると、何故、何の為の飲食店経営、店舗展開なのかという観点です。更に分かり易く言うと、展開初期の社長は、自分の為に経営をするな!!「社員の為に!!」と声を大きくしてお伝えします。「社員の為に」という観点が抜けると必ず、3店舗でブレーキが掛かり脱線します。そんな事例を幾度も私は、見て来ました。
この2つです。

ですから、3店舗の壁が有るんだという前提で、経営にあたる事を最初からするべきだという事です。

3店舗を超え、5店舗、10店舗を見据えた初期準備をしつつ、3店舗を迎える事が大切です。ですから、2店舗レベルの経営者は、非常に忙しいはずです。忙しくないとダメなのです。
その準備を3ヶ月5回の講義・ワーク+現場への落とし込み期間フォロー3ヶ月(別途希望者のみ別料金)の6ヶ月を1スパンとして、会社の軸を明確にし、ぶれないスタンスを構築して事業展開に当たる、社長が感じる、『思う様に行かない』を明確化し、現場社員にまで落とし込み一致団結した組織となる為の6か月間です。

以下、『FoodNo1多店舗化養成塾』基本のカリキュラムです。

1回目:飲食店多店舗化の価値と戦略→会社・社長の軸の明確化
2回目:勝てるストーリー構築→現業態革新と事業計画の明確化
3回目:店長の定義→店長の役割、自立型店長とは
4回目:人材育成の考え方→No2,店長の定義とその育成手法
5回目:経営管理手法と年間計画の策定→年間、四半期、月間でマネジメント

そして、5回の講義終了後に出来上がった、年間計画を現場に、社員に周知徹底させ、会社の3年後を社員と共に共有する。同時に、具体的な業務進捗の落とし込みを月1回訪問にて、研修やミーティング形式にてサポートさせて頂く流れです。 (講義終了後の現場落とし込み支援3ヶ月プランは、別途月当たり5万円(税別)が必要です。)

その他、スケジュール等の詳細は、セミナー会場にてお伝えいたします。


追 伸

飲食業は、30年ほど前までは、水商売と言われていましたが先達が、チェーンストア理論を学び仕組み化させ産業にまで育てあげてくれました。
しかし、ここ近年供給過多と自由競争によるクーポン値引き等により長時間労働、低賃金の代表的業界となり、この業界を志す人達も減り、再び岐路に立たされています。ただ、私達が忘れてはいけないことは、時代も場所も関係なく、飲食業は、お客様に最も身近に寄り添えて、「美味しい料理」と「出会い」と「安らぎ」を与えられる素晴らしい仕事です。それを探求しながら儲かることも探求する研究会がTeam Food No1です。
私達には、実現したい夢が有ります。
平成30年には、理念に共感頂くメンバーと共にアメリカの外食産業を研究、学ぶ研修旅行の第一回目を開催し、毎年この研修旅行をメンバーと共に継続して行きたいと思っています。
今回、その第一回目の立ち上げです。
“思いは叶う”飲食業を誇りある、豊かになる仕事に、業界にすると考える同志の参加を待ってます。