◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大阪 飲食店 コンサルタント 売上アップと人材育成を

看板メニューマーケティングと自信店長育成メソッドにてアーリーステージの飲食店の多店舗展開を支援する

加速成功パートナー 山口雄二です。

 

社長のビジョンに社員が共感し、共に夢を持ちワクワク楽しく夢中になる店舗展開を実現します。VOL:026

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

繁盛飲食店研究会 Team Food No1  京阪神にて飲食店加速成功ノウハウセミナー開催中

//foodno1.co.jp/seminar/

bnr_seminar_l01

飲食店加速成功パートナーの山口です。

 

3店舗,5店舗までの飲食企業社長の仕事26回目です。

 

小規模組織社長の2つの仕事

考えを如何に行動に

ビジョン実現に向けドンドン行動に繋げるためにという事でここ数回話してきました。

ノミのジャンプやサーカスの象の話しのように、人も、環境が大切だという事。

 

環境をいかに創るか?これも重要な経営者の役割です。

 

環境を創れば、ある意味自然に人が育って行く。こんなイメージないですか?

 

人財育成い於ける社長の役割は、まとめると、

未知との遭遇をイメージさせ、そこに行ってみたいと思わせる事です。

 

ちょっと違うかもですが、医者の息子は、医者

政治家の息子は、政治家。

似たような話だと思います。

無題26

社長の役割は、リーダーシップと集団の質を上げること。

 

成り行きの未来には魅力が無いもの

この2つを社長がこなせば、社員は、自ら動き、自ら成長してしまうんだという事です。

 

望む未来が社長により見えていて、自分の周りの人々もその場に行きたいと思い、頑張っている状況であれば、

 

教育を待っているんじゃなく、自ら考えて成長して行く、分からない事は、自分の周りに聞く、出来ることは、率先垂範で

 

実行するになってしまうのです。

 

医者の息子は、医者なんです。

 

だからこそ、アーリーステージの3店、5店までは、自己都合での経営は、ダメなのです。

 

自然に社員が成長したくなる環境整備に全力を費やす事が、如何にその後の社長にとってメリットになるのか

 

分かられたんじゃないでしょうか? 今日はここまでです。終り