今回は、視点を異業種に置き、
既に多店舗展開を成し得ている企業をベンチマークし、
その要因を探って行きます。

その第1回目は、リラクゼーション業界No1チェーン
『カラダファクトリー』さんを独断と偏見で分解し
3つの視点で、その成功要因を学びたいと思います。

その2です。

その1:カラダファクトリーがNo1になった理由
https://foodno1.co.jp/bg/archives/2620/

その3:お客様満足と社員満足を支える仕組み
https://foodno1.co.jp/bg/archives/2628/

独断推測その2!カラダファクトリーが高単価経営できる理由

その1で、カラダファクトリーさんが業界No1に
なった理由を主観100%で述べました。

今回は、そこそこ高単価で経営されている同社
その理由は何か?に的を当て探求していきます。

リラク業界の価格相場と同社

リラクゼーション業界の相場価格は、
現在競争激化とディスカウンターの出現で、
60分2,980円との相場感が根付いています。

そんな中、同社の同様なコースは、2倍近い
5800円くらいの価格であります。

ただし、初回体験コースとして3980円
と言う1回きりのコースも存在します。(APバランス)

ただ同社は、この60分5800円程度の
俗に言う揉みほぐしコースは余り前面には
出していない感じがします。

同社の看板メニューである
APバランスと言う首と骨盤を中心とした
整体コースの60分は、8424円となっています。

その他メニュー、コースがそこそこあり
60分の下に40分も準備されてます。
https://karada39.com/course/price/

カラダファクトリーの戦術

店頭には、体験コースの3,980円のパネルが
大きく表示され、このコースで新規客を
捕まえる策と思われます。

で、この初回体験でお客様の身体を見て、
自らが持つ最高の技術を発揮させ苦痛で苦しむ
お客様に快楽を感じさせます。

この理論(APバランス)ノウハウとその技術が
高い部分が大きく貢献し、お客様の満足度が
急上昇する訳です。

正に掟破り

で、ここで同社は、正に掟破りと言うか、
こんな言葉を口にします。

『今は、だいぶ楽になられたと思いますが、
このまま放置すると1週間程度で元に戻ります。
できれば、1週間後までにもう一度見させて下さい。』

こんなフレーズです。

マッサージ店でありつつ、
歯医者さんのような、次回予約を促進する
フレーズを投げ掛けて来るんです。

お客様からすると、苦しい状況から
快楽を感じた状態です。

そこで、またこのまま放置すると、
苦痛に戻りますよと、
正に悪魔の囁きです。

苦痛に戻りたくない思いが働きます。
では、1週間後の何時からと、次回予約を入れます。

この一連の流れが、同社の強みを前面に出した
オペレーションの流れであります。

1週間後の元に戻りますよ!は、決して脅しや嘘でなく
事実であります。誰でも知っている現実です。

そこを理解して、お客様の為に言ってます。の感じです。

そこには、高い商品力=技術力があるから言えるし、
説得力となります。

APバランス60分8,424円です。
40分5184円です。

私のようにお得な回数券も複数あります。

コンセプトの具現化と研修システム

正にコンセプトの具現化がマニュアルとして
きちんと準備され、教育され全スタッフが
現場にて実施しています。

自社の強みをきちんと表現する仕組み化が
整っているんです。

1度来たお客様が2度目に来店する流れが
ビデオのように再現するよう仕組み化されているんです。

勿論、根本は、APバランスと言う商品、ノウハウと
それを現場で実現するスタッフのレベルとその教育システム
があることです。

『安くはないが、高くはない』

要は、価値が高いと納得する訳です。

自社の強みをきちんと備え、
その強みをお客様に高いレベルで
表現し、高い満足を感じて貰いリピーターに
育成しする。

この仕組み作りの全体が同社の高単価での
経営を継続させる大きな要因であると
私は、感じております。

スタッフのプライドも感じます。

こんな仕組み、強みを持つ
飲食のチェーン展開を私は、サポートしたい!

今日は、ここまでです。

ご質問等ある方は、こちらから

info@foodno1.co.jp

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
◆ 【多店舗化の壁】通信について

◆ 飲食店多店舗化blog : https://foodno1.co.jp/bg/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>