『社員との距離感を感じる事ないですか?』

気が付けば、

振り変えれば、

誰も付いて来ていない??

こんな不安を感じる経営者は少なくは無いのでは?

でも、この不安を感じる事が大事な事です。

不安を感じずに走り続けると、本当に誰もいない・・・

こんな状態になりがちです。

不安に気づいたら、どうするか?

ですよね!

これは、非常に本質的な問題であるが

そんなに難しいことではないものです。

社長が自分のイメージを持って、会社を引っ張っている。

でも、思う行き先に中々到着しないと感じる。

こんなイメージじゃないでしょうか?

ここで考えることは、

まず、行き先を告げてましたか?

単純にここです。

言い方を変えれば、ビジョンです。

そして、経営理念です。

合わせた、中長期経営計画です。

経営計画の中には、

行き先への寄り道とそれぞれへの行き方が

詳細に記載してあります。

何に乗り、どこを経由して、何日掛けて

目的地にたどり着くのか?です。

続いて、目的地に行く為の訓練です。

船で行くのか?

飛行機か?

歩くのか?

それぞれにより、必要な技術や体力が

求められます。

目的地は、分かったが、

船の運転が分からない

飛行機の操縦が分からないのでは、

社長一人が運転や手配をしつつ、

指示を出しながら、バタバタとスタートとなります。

社長だけが忙しくなります。

社長の役割とは、

一つに、目的地を示すこと。(方針)

二つに、行き方を示すこと(戦略、戦術)

三つに、操縦、運転を教える(教育訓練)

となります。

社員との距離感を感じるのは、

1、2が不明確である事が主たる要因である事が多いです。

そして、初期は、自分レベルに運転、操縦できる

人材を数名は、育成することを忘れないことです。

そうすれば、

あとは、自動運転みたいなものです。

作業割り当てと稼働計画の如く、

ワークスケジュールにより、安全に操縦を時間ごとに

分担し、目的地に導いてくれるように

なる筈です。

距離を感じた時は、原点に、本質的な部分を

再確認する事が最も大切なポイントです。

再スタートです!