ちょっと落ち着きましたね!

雨、雨、雨

観測史上最大とか、言ってるけど

余り信じてない自分がいます。

子供の頃の経験です。

実家の近所には、小さな川とまあ大きな川が

流れています。

”弁当忘れても傘忘れるな”

有名なことわざ、山陰地方です。(舞鶴ですが・・・)

そんなことわざがある位ですから

よく雨は降ります。

その時の川の状況が脳裏にあります。

それに比べると、今の雨・・・

そんなに大した事ないんじゃと

思っています。

子供時代の感覚と、今の感覚の違い

この思い込みが、避難を遅らせ

災害に遭う、こんな事じゃないでしょうか?

観測史上最大を信じる事

リスクマネジメント実施

思い込みの打破!!

を実践していきます。

地震の記憶も

この雨で薄れます。

注意です。

『分かってるだろう?!』当たり前の違い!

私の良く言う言葉に

『当たり前の基準』

という言葉があります。

 

 

 

出来てる、

頑張ってる

一生懸命

等々

良さげな言葉ですが、

人により、この言葉の基準は、

バラバラじゃないでしょうか?

出来ているつもり

頑張っているつもり、の様に

つもりと付け加える 事も

良くあるんじゃないでしょうか?

これも、一種の思い込みです。

思い込みはある意味大事で

全否定はしないですが、

抽象的な思い込みは

コミュニケーションを

妨げる要因になりがちです。

店長が生き生き仕事ができるには、

この、当たり前の基準を

明文化、基準化する事が必須です。

お客様に提供する価値

会社に与える価値、

共に働く社員に与える価値

この3つの価値をきちんと明文化

する事です。

 

 

 

 

この価値は、言い換えれば、

社長の思いと言い換えれます。

『分かってるだろう!?』は、

社長が3つの価値を明文化して

初めて言える事じゃないでしょうか?

ぼやっと理解はしているが

それでは、人は、自信には繋がりません。

人は、目指す未来が見え

輝く人に出会えば、変わります。

未来を見せてやり、

輝く社長との言葉や心の

会話を繰り返す事で、

人は、心を開き成長へと

シフトしていきます。

分かってるだろう!

は、危険です。

明文化、3つの基準を

考えて下さい。

この3つの基準を勝ち得れるのが

店長の役割です。

ビシビシ、育てていきましょう!