つい先日の話です。

KING KAZU51歳100日

天皇杯出場記録更新!

GK!!(giant kirinngu)

G大阪vs関西学院大学

1−2 関学勝利⤵︎

関学株さらに上昇!!

飲食店の日々の営業とは何か?

51歳でスタメン

J1が大学に負ける、ベストメンバーで

この2つの出来事が昨日起こった!

ここに”心構え”と”常にベストを尽くす”

そして、”危機感”という言葉が浮かんできます。

KAZU選手は、この3つの言葉を噛み締め

G大阪は、この3つの言葉を上の空で、

相反する心構えがそれぞれの成果を

招くこととなったと思います。

飲食店でも、日々の営業に当たる

心構えやベストを尽くし、一期一会の精神で

今日のお客様に向かっているのか・・・

大事なポイントです。

サッカー選手もプロ

飲食店経営も同じプロです。

観客やお客様に満足を売る

同じであります。

サッカーにも、監督が描く

戦略があります。

その戦略に則り、ゲームを進めれているのか?

チームとして、個として、

その不足を日々の練習で

補う、練習、練習で積み上げます。

飲食店経営に於ける、不足とは何か?

それは、コンセプトに伴う

運営基準、標準、

事業計画に伴う基準数値が

達成されているのか?

この観点が不足となります。

大事なことは、サッカーも

経営も同じで、目指す形があり、

今の現状がある。

このギャップが明確で、問題点

として認識している。

この問題点を日々の練習や

飲食店経営では、営業の中で

OJTしていくこととなります。

日々進化し、高い満足度を提供する。

結果リピーターになって頂く。

この成果を求める訳です。

毎日同じことの繰り返し、

この日々の練習=営業を制したものに

成果は、与えられるものです。

日々を大事に、

今の問題を明確に

継続が力です。