想定内?想定外?

問題続出!!

売上が160%へ

 

 

 

 

嬉しいどころか、大変が

正直なところですね!

1.6倍です。

入客数で言えば、100人/日

が160人へ

想定を超えたり、

想定自体をして居なかったり

では、対応できるレベルを

超えて居ます。

目を瞑って叩きまくり

そんな感じですね!

本当に嬉しい悲鳴です。

でも正直、超えてるようです。

現実が、未だに掴みきれない、

この先が見えない。

だからですね!

何を実行したのか?

苦戦の中から、

自店のコンセプトを見直し

地域内でのポジショニングを

選定し、強みの再構築を

行い、商品開発、

告知、販促を実行する中で、

3ヶ月経過でです。

120%から130%は想定内

その倍の増加は、想定外でした。

ポジショニングに於けるコンセプト修正

は、改善時には、真っ先に

見直すべきポイントですね!

同じような想定外が起こるのが

2号店出店

3号店出店時です。

1から2は、200%

1から3は、300%

2から3でも150%

1から2への200%時は、

想定外が起こって当然です。

その認識を持ち、増店をするのか

勢いだけで行くのかは、

大きな違いがある訳です。

それと同時に

その手法です。

手法をわかってやるのと、

闇雲に売上アップや

新規出店を行うのでは、

想定外が発生した際の混乱度合いが

倍にも、3倍にもなってしまうものです。

大事なことは、予測、想定です。

想定、予測を3段階程度でしておく

その際には、売上は大きく見つつ

それにかかる経費は、中程度でみる

このさじ加減が大事です。

メリットが大きくなる視点でそれぞれを

想定しておく事です。鉄則ですね!

そして、想定にたどり着く

手法が明確か?という事です。

やり方です。

エイヤーの気合のみは

危険です。

想定、計画、手法

この3つが明確である事が重要です。

売上アップも

新規出店の手順も

その手法を持つべきです。

御社ならではなお手法を

体系的に全体像を構築する。

これができれば、モグラ叩きには、

ならない手法が取れます。

成功確率も格段に上がります。

自社内に手法=メソッドを持つべきですね!

次週を目処に、動画セミナーを

計画しております。

飲食店多店舗化を体系的に

まとめたノウハウ

多店舗化エフワン8ステップ

8つのステップを順に実施する

ことで、多店舗化の第一である

モデル店作りが進み、自然と

出店が広がるメソッドです。

日程が決まりましたら、

前もって案内します。

完全無料です。

お楽しみに!

今日はここまでです。